三康図書館目次ページへ

三康図書館について
沿革 ●蔵書 ●蔵書目録 ●ミニ展示・蔵書紹介 ●利用案内

沿 革  三康図書館は大橋図書館の蔵書を継承して発足した図書館です。大橋図書館は、明治34年2月博文館主大橋佐平氏が設立を出願して、嗣子大橋新太郎氏により明治35年6月麹町上六番町(当時)に開館しました。当時まだ数少ない財団法人の図書館でした。大正12年9月関東大震災により建物は8万8千余冊の蔵書と共に焼失しましたが、同15年6月麹町九段一丁目に880余坪の本館を建設、蔵書約4万冊をもって再開しました。昭和17年頃には、蔵書18万冊を有する日本有数の私立図書館にまで発展しました。戦時中は統制会社等に建物の一部を使用されましたが、幸い戦災は免れました。
 昭和24年9月図書館の建物が他に譲渡されたため、同年12月事務所を新宿区若宮町の大橋進一氏邸に移転し、翌年3月より同地で開館しました。しかし、昭和28年2月大橋図書館は解散となり、その蔵書一切を西武鉄道の創設者である堤康次郎氏が引き継ぎました。当初は豊島園に図書館を設立する予定でありましたが、昭和32年11月港区芝公園に建設することになり、名称を財団法人三康図書館と改め、三康文化会館を建設してそれまで分散管理されていた蔵書を全部ここに集めました。昭和35年4月、30万冊収容を目標に5階建1万棚の書庫を建設しました。昭和39年6月西武鉄道株式会社と大本山増上寺との協力で、仏教文化の研究を主目的とする財団法人三康文化研究所が設立され、同研究所附属三康図書館と改称することとなりました。昭和41年9月研究所・一般閲覧室・講堂を増築し、同年10月12日蔵書18万余冊をもって一般公開されました。昭和54年増上寺整備計画により、隣接地に4階建の明照会館を建設、その1階を図書館に当てることとなり、4月移転完了して現在に至っています。
 
蔵 書 当館の蔵書は、大橋図書館旧蔵書と研究所設立以後の受入図書によって構成されています。
(1)大橋図書館旧蔵書
大橋図書館が一般公開図書館であったため蔵書の内容はあらゆる分野にわたっています。なかでも文学・歴史・地誌地理類が多く、文学書では芭蕉自筆跋文、中川濁子画「甲子吟行(野ざらし紀行)」、山崎宗鑑自筆「俳諧連哥(犬筑波集)」等、歴史・地誌書では、江戸城内の襖絵を狩野晏川・狩野勝一が模写したという田安家旧蔵「江戸城襖絵図(柳営四季の絵巻)」、江戸時代の「国絵図」等は貴重な文献と言えるでしょう。その他児童書・大衆文芸雑誌等他に求められない資料を多数収蔵しています。
(注:岩波書店刊『国書総目録』に"大橋本"として記載されているものは関東大震災ですべて焼失しており、現在所蔵している国書類は震災後に収集されたものです。)
(2)研究所設立以後受入図書
研究所の性格上、宗教・仏教関係書を中心に収集を行っています。購入している研究書の他に、寄贈特別文庫として、竹田家文庫(約8,800余冊、主として歴史・軍事関係書)、内田文庫(約4,000冊、主として法律書)、椎尾文庫(約9,500冊、主として仏教書)、増谷文庫(約2,200冊、主として宗教・仏教書)があります。そのうち、当研究所の初代所長であった椎尾弁匡博士の仏教関係旧蔵書はその業績を反映して高度なもので、仏教研究者には貴重な文献と言えるでしょう。
 
蔵書目録 下記の冊子体目録・索引で蔵書の検索ができます。
◎刊行目録(実費でお頒けします)
 雑誌目録(\400)
 地理・地誌目録(¥2,000)
 児童書目録(在庫無)
 哲学・宗教目録(¥2,400)
 内田文庫目録(在庫無)
 椎尾文庫目録(¥4,500)
 欧文書目録(¥2,500)
 国書目録(¥5,300)
 漢籍目録(¥1,500)
 文学書目録(¥8,000)
◎事務用目録・索引(非売品)
 社会・民俗目録
 芸術書索引
 歴史書索引
 伝記書索引
 語学書索引
 教育書索引
◎外部機関による総合目録で下記の蔵書が検索できます。
 児童書編
  「児童書総合目録」(「国際子ども図書館電子図書館システム」)
  →児童書総合目録事業参加機関
  ※当館の蔵書検索からも検索できるようになりました
 漢籍編
  「全國漢籍データベース」(「全国漢籍データベース協議会」)
 国書編・椎尾文庫目録中の江戸期の国書
  「古典籍総合目録データベース」(「国文学研究資料館」)
 
ミニ展示・蔵書紹介 当館では蔵書の中から1つのテーマにそった資料を選び、年に1回程度、ロビーにおいて小規模な展示を行っています。普段人目に触れることのない珍しい資料や貴重な蔵書を紹介することが目的です。
また、2013年度から1つのタイトルの資料を紹介する「蔵書紹介」も始めました。
過去の展示テーマ紹介(10年分)
2006年度 「吉田初三郎の鳥瞰図」 「本の装幀展」
2007年度 「博文館120年記念展」
2008年度 「図書に見る戦前のオリンピック」 「日本の百科事典」
2009年度 「旅の本」 「戦前のスキー・スケート事情」
2010年度 「『伊能忠敬実測原図』と江戸・明治期の地図展」 「料理本とその周辺」
2011年度 「政治関係図書展」 「地図に見る芝公園地区の移り変わり展」
2012年度 「資料に見る遠山景元展」 「発禁本と閲覧禁止図書」
2013年度 「ミニ展示」は開催せず
     「蔵書紹介」
     @「旬刊写真報知」(雑誌) A「江戸名所図会」(江戸時代版本)(請求記号:国8-99) B「帝国文庫」(文学叢書)(請求記号:ラカ2-45)
     C「生活」(雑誌) D「東京実測全図」(地図)(請求記号:ヨル3-104,ヨル5-300,ヨル5-750) E「庭園・庭園と風景」(雑誌)
     F「前川千帆創作版画集」(一枚物版画6点)(請求記号:錦187)
2014年度 「ミニ展示」
     「旧大橋図書館蔵書に見る聊齋志異」
     「蔵書紹介」
     @「ROMAJI SEKAI(ローマ字世界)」(雑誌) A[府立東京商工奨励館]事業報告(図書)(請求記号:ノロ3-209)
     B日本名山図絵(江戸時代版本)(請求記号:国8-16,竹8-2)
2015年度 「ミニ展示」は開催せず
     「蔵書紹介」
     @「科学の日本」(雑誌) A「五万分一地形図」(請求記号:ヨリ0-60)
2016年度 「ミニ展示」
     「東京市編纂の統計書」
     「蔵書紹介」
     @「小学教育掛図」(請求記号:ルソ0-90)
 
利用案内
入館資格 16才以上
入館料 1回:100円 / 回数券(6枚綴:500円、13枚綴:1,000円)
座席数 34席
文献複写(有料)→お申込方法及び料金表
 1.電子複写
 2.写真複写
 

-絵本、漫画の資料の複写について-
@著者が著作権保護期間内(没後50年経過していない)あるいは没年不明、画家も著作権保護期間内あるいは没年不明の著作物
 複写不可。
A著者が著作権保護期間内あるいは没年不明で、画家が著作権保護期間を過ぎている場合
 著作物の一部分(1冊の半分を超えない程度)複写可能。
B著者が著作権保護期間を過ぎているが、画家が著作権保護期間内あるいは没年不明の場合
 挿絵が含まれているページは複写不可。

当館では、絵本の場合はひとつの挿絵をひとつの著作物、漫画の場合は1コマの絵をひとつの著作物をみなさせていただいております。
没年不明の著作者の著作物については著作権保護期間内の著作物と同様の扱いになります。
著作権保護期間内の著作物の場合、「著作物の一部分の複製物」の御提供ができます。(「著作権法」第31条1)
しかし、絵については、「同一性保持権」(「著作権法」第20条)の問題が発生します。
「同一性保持権」とは「著作権法」第20条1に「著作者は,その著作物及びその題号の同一性を保持する権利を有し,その意に反してこれらの変更,切除その他の改変を受けないものとする」と記載があります。
著作権保護期間内の著作物は、「著作権法」第31条に基づき、一部分しか複写できません。
例えば口絵など、ひとつの絵の一部分を複写することは絵を「切除」することになり「同一性保持権」を侵害してしまう可能性があるのではないかと当館では判断しております。
従って、絵そのものの複写が不可能になります。
また、本文に挿絵が含まれている著作物については、本文の著者の著作権保護期間が終了していて、「本文」が複写が出来る場合でも、絵を描いた著者(画家)の著作権保護期間内である場合、本文のみを複写することは「改変」することになり、「同一性保持権」を侵害してしまう可能性があるのではないかと判断しております。
従って上記の通りの複写しかできません。

現在の「著作権法」においては、著作権保護期間内の著作物の複写について、文章の著作者については「著作物の一部分の複製物」しかできないという明確な規定はありますが、画家、写真家の著作物の複写については「同一性保持権」を侵害しないようにという規定があり、どこまで複写が可能なのかという明確な規定がありません。複写をするかしないかは各図書館の判断にゆだねられているのが現状です。

著作権保護期間内の著作物は、著作権者、著作権継承者の許諾を得ていただければ複写は可能です。 没年不明の著作者の著作物に関しましては、文化庁の裁定を受けていただき、許諾を得ていただければ、同様に複写は可能です。
皆様にはお手数と、御迷惑をおかけしてしまうことになり、本当に申し訳ありません。 御理解くださいますようよろしくお願いいたします。

 
掲載、翻刻等
当館所蔵資料を掲載、翻刻、覆刻、影印する事ができます。詳しくはお問い合わせ下さい。
図書の貸出
図書は館内のみの閲覧になります。館外貸出はいたしません。
レファレンス
公共図書館、大学図書館とは異なりレファレンス対応の専任職員はいません。(当館職員は4名です。)
対応出来ないレファレンスもあります。御了承くださいますようよろしくお願いいたします。
御質問に対する解答そのものについてはお答えできません。
以下お答えできない例(お断りしたケース)を記します。
 @「〇〇さんの挿絵が「××××」という雑誌に掲載されているらしいが探して欲しい」
  というあいまいな御依頼には対応できません。お手数ですが御自分でお調べください。
  →このケースの場合「〇〇さんの挿絵が「××××」という雑誌の第2巻第4号に掲載されているが確認して欲しい」
   というように、詳細まではっきりしていれば対応できます。
   但し、調査が複数の雑誌を対象とする場合にはお断りします。
 A「「○○」の雑誌の目次が、△△出版者発行の同年代に発行されたすべての雑誌の広告として記載されていないか調べて欲しい。」(複数タイトル)
  発行された雑誌タイトル数及び調査雑誌数が膨大なため、調べるのにかなりの時間を要しますので対応できません。
  お手数ですが御自分でお調べください。
 B△△について調べたいという御質問については、参考文献を御紹介することになります。
  そこから先はお手数ですが御自分でお調べください。
地図・交通機関
地図をクリックすると拡大地図と最寄り駅の案内がご覧になれます。