矢崎鮎美の徒然なるままに

2008年  カンタン過去ログ人物紹介
☆日記リンク・1日1回クリックしてくれると嬉しいなv

2010年 5/1
5/1

最近、とても早く眠くなります。

この私が!
夜10時や11時に眠くなっちゃったりしてます!

よく更新してた頃なんて
毎晩3時とか4時とかまで起きてて、
睡眠時間4時間ぐらいだったのに。

目の下にいつも黒いクマを飼っていたのに。
お腹に赤ちゃんいるとこうも違ってくるものか。

ただ、早く寝るものの
途中で目を覚ましちゃうんですね。
夜中の2時とか3時とかに目が覚めちゃう。
それでしばらく眠れない。

もちろん深夜だから周りは真っ暗です。

本を読むには暗すぎる。

困ったなー。ヒマだなー。

ゴロゴロと30分ぐらい頑張ります。
が、眠れない。


飽きた・・・・・。


ヒマ・・・・・・。


ちらりと横を見ると、
ZOUが寝ています。ぐーすか寝ています。
気持ち良さそうに寝ています。
私眠れないのに。

むぅ。

ポスポスと叩いて起こしてみます。


「ZOU、ヒマー起きてー」


うーん、とZOUがゆっくりと目を覚まします。


「・・・・・・・・・眠れないの?」

「うん。ヒマなの」

「それは困ったねぇ」

「困ったの」

ZOUは苦笑いをしつつ身体を起こすと、
しばらく話し相手になってくれます。





そして次の朝。

ZOUが眠そうな目で苦笑い。

「昨日も鮎美に起こされたー」

「うん、起こした起こしたw」

「それで僕がようやく目が覚めた頃に
鮎美は『眠くなった』って言って
僕より先に寝ちゃうんだー」

「まぁ、そういうこともあるよね♪」

「ひどいよねー」

「ひどいねー」

「ねむいぞー」

「あはは」

目をそらす。

そんな楽しい毎日を送っています。

2010年 1/3

今年も無事明けましたー。

今年の夏当たりから、
このまま無事経過すれば(?)
かなーり忙しくなりそうです。あはは(汗)

さて初夢ですが、
全身真っ黒なタイツを来たたくさんの人に
追いかけまわされる夢を見ました。

なんか秘密結社みたいなBOSSもいましたよ。

「私が面白くしてあげましょう。
ものども行け!」

なんて手を振り上げてBOSSがバスの上から
指示出し、
きゃーきゃー逃げ惑う商店街の人々。




ZOUがガメラを見ていたせいかもしれない。



今年もよろしくお願いします(o^-^o)
2009 10/31
車を修理に出しているので、
近所には久しぶりに歩いて移動しています。

寒くもなく暑くもなく、さわやかに吹き抜けていく
秋の風がとても気持ちいい。
全身で風を感じる幸せ。

昨日の夜は、近所のお店に食べに行きました。

帰り道、虫の音を聞きながら、
月を見上げながら

「今日のサンマがすごいおいしかったね」
「さすが旬だね。炭火で焼いたのっておいしいんだ」
なんて笑いあいながらZOUと歩く。

今日は休みで、夕暮れ時に、
懐かしいような切ないような
そんな金色の景色の中、
たわいもない話をしながらてくてくと歩く。
高校の時みたいに。


ああ、私はこういう時間に飢えていたんだな。


部屋の中だとPCとか本とか
誘惑が多すぎて、のんびりしてる気が
あまりしない。

最近、色々なことがあって、
気持ちがなんだか浮かなかったけど。

平凡な幸せ、だけど充分な幸せという感覚を
思い出すことが出来て嬉しかった。


今日は、本を読んでいっぱい泣きました。
数年前に読んだ時も、涙が止まらなかったけど
久しぶりに読み返したらまた読んでる最中に
涙が止まらなくて仕方なかった。

そんな私の後ろで、ZOUがだまってついててくれた。
何も言わずについててくれた。

田中ユタカさんの 愛人ーアイレンー
という漫画で、すごくキレイで残酷で愛おしいお話です。
作家の血と命が詰まってると思います。
Amazonレビューも全員が満点付けてる作品。

今月の8日は結婚記念日だったけど、
私がイベント応援のために何もしなくて終わりました。

今月いっぱいの記念日優待券があったので
夕方に食べに行くことに。

「結婚記念日おめでとうございます」

食後のデザートで、
チョコプレートに白文字で描いてあって、
ハートのチョコレートのケーキが出てきました。

記念撮影してくれるというので
写真を撮ってもらう。

ついさっきまで上の理由で泣いてたので
ちょっと恥ずかしい。

よろしければお店に飾らせて下さいと
言われたので、二人で顔を見合わせて
すごく照れながらハイという。



今日は深呼吸がゆっくり出来たような日でした。
つぶやき
最近ZOUを倒したくて仕方ない。

パソコンのキーボードをパチパチ撃ちながら
歌うようにつぶやく私。

「ZOUを倒すのー。
できれば思い切りくすぐり倒すのー」

「・・・眠いんだね」

「えー」

「鮎美は眠くなると僕を倒したくなるらしいから」

「えー、倒したいだけだよー」

「早く寝るといいよ」

「私に倒されてしまえー」

「早く寝なさいw」


仕事が忙しくなってると、
のほほんと休んでるZOUを
倒したくてしょうがなくなる衝動を
最近抑えられません。

「背負い投げもいいなぁ」

「・・・・・・出来ないくせに」
9/14

この間、瀬戸物祭に行ってきました。

その日、仕事お休み欲しいって希望出したんですが、
新しい店長の前では通らなくて。(涙)

仕事が夜7時までで、そのお祭り会場まで1時間!
勤務先が遠くなったせいですごく時間かかります。

もうダッシュで電車に飛び乗る。

8時過ぎに駅に着いたら、
通りのほとんどの店が店じまいを始めてる。

「え?なんで?早い!?」

いつも9時ぐらいまでやってたハズなのにっ。

「今夜のお祭りは8時までなんですって」

「!?」

がーん、もう8時15分ですよ!?

出店の人も「早いよねー」って嘆いてました。

閉まりかけてる出店をダッシュで回り、
食べたいものをどどどっと一気に買い込む。
幸いまだ通りに人はたくさん歩いている、
まだ開いてる店はちらほらありました。

フレンチドックやきゅうりの浅漬けや
ヤキソバ入りたませんを食べ歩きしながら、
じゃがバターを買って
焼き鳥と冷やしパインもゲット!


・・・もう持てない。


グリーンティをお茶屋さんで飲んで、ふぅまんぞく。


来年はゆっくり行きたいなぁと思います。
4/4 入院の話
4/4 晴れ 桜満開

3月某日のこと。会社にて。

「矢崎さんが嬉しそうに、
ベッドで本を読んでいるのが見えるようです(苦笑)」

ふ・ふ・ふ♪
きっとその通りさっ!

「こんなに楽しそうに話す人はじめてみた(笑)
うらやましい・・・って思っちゃだめなんだけど、
あなた嬉しそうだし」

えへへ。

約2週間の長いお休み。
こんなに会社を休めるのはずいぶんと久しぶりです。
今月末の棚卸しが手伝えないのが申し訳ないけど、
この日しか予約が取れなくて。

実は私、
3月25日から4月3日まで入院することになりました。


読んでない本を山ほど抱えて!


さぁ、いっぱい読むぞー♪

新刊はZOUが毎日買ってきてくれると言うので
全部読んじゃっても心配なし!

手術は全然心配してません。





ZOUが嬉しそうにデジカメで撮影。

3Dな看護婦さん。

未来的な感じです(笑)




2月終わり頃、某大きな病院にて。
先日受けたMRI
(筒のような機械の中に入って身体の一部を360度撮影する)
の結果を見て、先生が言いました。

「け・・・っこう大きいですね(苦笑)」

「2年前は5センチだったんですけど」

「育ちましたねー」

「育ちましたねー。スクスクと(笑)」

答えながら庭に生えた雑草の話をしている気になる。
放っておいたら勝手に育っちゃった。

「1個・・・2個・・・・。
このままだと大きくなるばかりですし、切りますか?」

「そうですねー。じゃあお願いします〜」

「じゃあ手術の日付を決めましょう」


今回、取るのは命には別状ない良性の血腫です。
大きいもので11センチと8センチぐらいとあと何個か。
女の人が4人に1人はなる病気。
メロンぐらいの大きさになっても気付かない人も
いるぐらい、自覚症状がほとんどない場合が多いそうな。
私はマンゴーぐらいかなぁ。
今回その悪いところを取るだけなのであまり心配してません。
お腹を切るのは初めてです。

退院するまでは、入院のことはネットでは
秘密にしようと思いました。
ブログも記事予約したりして、副管理人さんにお願いもしたりして。
(その節はありがとうございました)
ZOUに某新作ゲームも買って来てもらうことも
しっかりお願いして(笑)
(ブログは記事の予約登録が出来て便利ですねー)





そして入院説明を受けました。

「えっ?夜9時消灯ですか?
ええっ、朝6時起床!?」

普段深夜3時ごろに寝てる自分にとって、
そんな健康的な時間に果たして眠れるんでしょうか。
9時って言ったら普段会社から家に帰る時間ですよ。
笑うしかありません。





入院して初日はみんなに渡すからと睡眠薬をくれました。
お腹の中と外を掃除しました。

左腕に、認識コードの印刷してあるプレートを巻きます。
そのバーコードをピッと取って、点滴のバーコードを
ピっと取るとパソコンに大きな「○」マークが出ます。

おおお、なるほど、これで間違い減らすのかー。
面白いなぁ。


入院食は蒸し鶏に卵が巻いてあるのがメインで
けっこうおいしかったです。
入院食がおいしいのは嬉しい。良かった♪

さぁ明日は午後から手術です。

ああ、ほんとに9時に電気が消えちゃったよー(汗)
小さいライトをつけてこっそり本を読みました。




手術当日。

手術のための服に着替えて、
左手の平に黒マジックで「矢崎鮎美」と書くように
言われました。
右足にも名前を書いたプレートを巻きつけます。

なるほど。患者さんを間違えないようにか(笑)

移動するためのベッドに寝転ぶと
次々にお医者さんが私の顔の前にぐっと頭を出して
一人一人丁寧に挨拶しました。

「○○です。麻酔を担当します」
「△△です。執刀を担当します」

うわー、医療ドラマみたいですよ。

そんなご丁寧にどうもすみません、という気になります。
照れくさいです。


手術台に移り、天井を見上げると丸い灯かりがたくさん集まった
手術台特有のライトがありました。
あれを見ると緊張して来ます。
本当に手術するんだなぁって。
周りでは慌しく看護師さんが動いています。

「じゃあ麻酔しますね」

私の口に麻酔が当てられました。
何の匂いもしないけど。
ガス出てるのかな?

・・・・・・・・あれ?・・・・・

まもなく意識を失いました。





「・・・・・・矢崎さーん、終りましたよー」

優しい看護師さんの声に起こされ、ふと気が付くと私は
白い個室のベッドに寝かされてました。
窓の外はもう夕暮れです。
すぐそばにはZOUと私の両親がいました。

「無事問題なく終ったって」

「良かった♪ どれぐらいかかった?」

「2時間ぐらい」

「ほほー―。・・・・で?(ワクワク)」

「うん?」

「取ったもの見た?」

「見た(笑)」

「いいなぁ〜、私も見たかった!
なんで本人には見せてくれないんだろうねー」

「全部で4個取ったって。大きいの2個と小さいの2個」

ZOUがだいたいの大きさを手の平を丸く作って示してくれる。

「いいなぁ、いいなぁ。見たかったなぁ」

「鮎美がくやしそうだ(笑)」

写真撮っておいてもらえば良かった。ちぇっ。





腕には点滴。
両足の裏にはビニールの風船みたいなのが
マジックテープで留めてありました。
一定間隔で、しゅごー、しゅごーっと膨らんだり
しぼんだりします。

これで血液の循環よくするのかな。

しかし、この振動が気になってなかなか眠れません。

「すー・・・・・・・・・・(しゅごー!) ―はっ!」
「すー・・・・・・・・・・(しゅごー!) ―はっ!」

これの繰り返し。

お腹の傷は痛いけど、なるべく寝返りをうつように言われました。
傷口はまわりの臓器とくっつきたがるので
動かずにいると他の臓器と癒着する心配があるんだって。
そうするとすごく苦しいらしい。

ごろん、ごろんと寝返りを打つ。
いったいなぁ、もう。
けどガマンガマン。

くしゃみすると笑っちゃうほどの激痛が走るのには参りました。

花粉が舞う今の季節外に出るのは危険ですな。





次の日。

朝食が重湯でした。
白っぽいもったりとしたお湯。

あ・・・味がない・・・・(涙)

おいしくない・・・。しくしくしくしく。

塩かふりかけが欲しいー。
食べるけど、食べるけど・・・・。

おいしくない・・・・(ずるずるずる・・・ごっくん)
ううう。





足のシュゴー風船と尿管が取れました。

手術後初めてのトイレです。
というか立ち上がるのが初めてです。
看護師さんが言いました。

「最初は手伝うので呼んで下さいね」

え、そんな大げさな。

この個室はトイレ付きなのでほんの2、3メートル先に
行くだけなので楽勝ですよ。

それまでお布団で元気にZOUと話していた私。
まぁ大丈夫でしょうと
気楽な気持ちで立ち上がりました。
瞬間、何が起きたか分かりませんでした。

ぐわん


「!!!!!」

どばっと全身から冷や汗が吹き出ます。
ほんとに水をかけたように吹き出ました。びっくりです。

途端に襲い来る吐き気。な・なに?これ何?
お腹に全然力が入りません。


こ・・・これは一人では立てない・・・・!!


ずりずりとトイレの前まで看護師さんに手伝ってもらって
なんとか辿り着きました。
用を足し、ついでに少し吐いてヨロヨロとお布団に戻ります。
ぜいぜいはぁはぁと息をはく。

す・・・すごい、びっくりした。
こんなにトイレが大変だなんて思わなかった!

もう汗でびっしょりです。

しばらくトイレの時は車椅子を貸してもらうことになりました。
すごいなぁ、お腹を切るとこんな風になるんだー。
知らなかった。





看護師さんが矢崎さんの点滴の時間は長くなっちゃうわねと
苦笑いします。

本を読んでるせいで腕をあげてるので
なかなか点滴が落ちていかないらしい。

「たまには腕を下ろしてくださいね。そうすれば
早く終りますから(笑)」

「はは(笑)気を付けます」

でも夢中になって読んじゃうからやっぱり遅い。
いけない。と思って手を降ろすと、ぽたぽたっと
点滴のスピードが上がります。

すぐあきてまた本を読むの繰り返し。
一本の点滴が6時間。





数日たって
日に日に元気になっていく自分の身体。
もうトイレも自分で行けます。
ゆっくりだけど階段だって上り下り出来ます。

人間の身体って、すごいな。
ちゃんと回復するんだなぁ。

痛みも日に日に減っていきます。
私は少しずつ、歩く量を増やして行きました。
階段、5階まであがって降りてくるとか(笑)
普段よりも運動してる気がする。

「うん、傷口もきれいですし問題ないですねー」

「ありがとうございます♪」


今は抜糸しなくてもいいそうです。
糸は自然に溶けて身体に吸収されちゃうんだって。

ようやくガーゼも取れたので自分で傷口を確認してみる。
12センチぐらいの縦の傷。

先生に手術前に聞かれたことを思い出す。

「おなかですが、横に切るのと縦に切るのと、
どっちがいいですか?」

「??」

そんなこと過去考えたこともなかった。
いや普段そういう事を考えながら生活してる人は
ほとんどいない・・・よ・ね?

「何が違うんですか?」

「横だと目立たないけど、今後別の開腹手術をした時に
だいたい縦切りが多いから、
その時は十字の傷になっちゃいますね。
人の身体の筋肉はだいたい縦ですから」

「縦切りで!」
「縦切りで!」

一緒に説明を受けてたZOUと声を合わせて即答しちゃいました。





ある晴れた日の朝の検温。
朝6時20分。
大きな身体をゆすって元気な看護師さんが笑顔で挨拶。

「おはようございますー。
矢崎さん、元気ですかー」

「とっても元気ですー♪」

「あはは、矢崎さん、この棟で一番元気ですよ(笑)
毎日、よく歩いているみたいですし。
元気印の矢崎さんです!」

「あはは。元気印をもらう病人さんも
なかなかいないですよね」

「あはは」




ほ〜・ほけきょ。

近くでウグイスが鳴いてます。

お昼下がりに、本を閉じて、雲が流れる窓の外を眺めて
しみじみ幸せをかみしめる。そばにはZOU。

「ああ、平和だー」

「鮎美が幸せそうだー(笑)」

「幸せだー」

ZOUが優しく笑う。

「元気になって良かった」

「うん、元気ー。ここの病院いい人ばっかり」

「よかったねー」

ZOUも読んでいた本を閉じてニコニコと笑う。

久しぶりにちゃんと休んでる気がする。
ああ、平和だー。
本がいっぱい読めるー。幸せ。





回診に来たお医者さんが笑いました。

「矢崎さん、とても順調だから入院が長く感じるわぁ」

「あはは」





「私、苺大福、大好きなんです(笑)」

「じゃあぜひここ行って見て下さい」

看護師さんに、おいしい苺大福とケーキの店を、
手書きの地図付き、イラスト付きで紹介しました。

「スタッフみんなで買いに行きます(笑)」

「そこのパイナップル大福もおいしいです」

「わかりましたー。行きますねー(笑)」





「来たよー」

「いらっしゃい、ありがとー」

「あ、また見てる(笑)」

ZOUに、来るたび料理番組ばっかり見てると笑われる。

だってだって
ウナギがー、焼肉がー、すごくおいしそうなんです。
ここの病院食もおいしいですけど、
今はとってもお肉が食べたいなぁ。
美味しんぼの最初の頃の巻、読んでたらおいしそうで。
テレビ見てもおいしそうで。

どうせ私は食いしん坊ですよー。

ずっと消化の良い煮物だったから
そろそろお肉食べたいな−。




その夜。

病院の夕食が和風ステーキ。

心の中でバンザイをする私。

「栄養士さん、調理師さん、ありがとう!!
にんじんのグラッセ!インゲンのソテー!
アセロラゼリーまで!!」

感涙しながら食べました。
何も言わないのに食べたいが分かってる気がして
すごい嬉しかったです。





外は桜が満開です。
掃除のおばさんに病院から見える近くの桜の場所を
教えてもらい、窓からうっとりと眺めました。

きれいだなー。いいなー。

早くあの下を歩きたいなぁ。きれいだなぁ。





その夜。

夕食がお花見弁当。

「栄養士さん、調理師さん、ありがとう〜(感涙)」

すばらしい!グッジョブ!

思わず両手を合わせて拝んじゃいます。
リクエストしたわけじゃないのにこのタイミングが嬉しすぎ。

「わぁ、桜の花のお吸い物だ・・・・」

黒いお椀の中に桜の塩漬けがふわりと花びらを
広げて入ってました。顔を近づけるとほんのりと桜の匂い。

照りを抑えた照り焼きチキン、山椒の葉乗せ。
菜の花のおひたし、ダシ巻き卵。苺2個。

あと三色ダンゴがすごい嬉しい。

これで一食260円ー。安いー。

おいしい食べ物があると人間元気になりますよええ。





そして4月3日退院の日。春らしいいい天気です。

前日の退院前の診察も特に問題もなく無事退院出来ました。

退院後の説明で、なるべく一週間はベッドで休み休み
行動するようにと言われました。

でも腸の癒着が心配なので、じっとしててもいけないそうです。


む・難しいことを。


どのみち、自宅療養のお休みはあと一週間しかもらってないので、
それまでに体力を回復させないと行けないです。
歩けるけど、15分すぎるとちょっとしんどい。
まだ走れないし。

このままじゃ一日立ち仕事は難しい。

少しずつ運動量増やさなくてはっ。


ZOUが苦笑いしながら言いました。

「パソコンの前で座ったら鮎美は平気で動かなくなるからー」

「・・・・ははは(目そらし)」

「1時間に一回は立たせてトイレに行かせよう。
この人、自室でエコノミー症候群になる人だし〜」

「は・は・は(大きく目そらし)」

まだ車も自分で運転してはいけないのでZOUが運転です。

「で、退院したらまずどこに行きたい?」

「本屋さん!!」

「言うと思った(笑)」


そんなわけではじめての入院生活は終ったのでした。
座ってる分には全然手術前と変わらないぐらい今は元気です。
うーん、順調、順調♪
UP トロの新デザイン? UP
公式で発表されました。
まるっトロです。
さっそく描いてみましたv
まるっトロ

公式のまるっトロを見てもだえる私。

もう何このまるまる感!何このかわいらしさ!
絶対 狙ってますよね公式!

ぬいぐるみがあったら欲しい〜!
パソコンの周りに置いておきたいーv

トロの新デザインというのは
いろいろ思うところはあるのですが、
それは置いといて、
正直すごく描きやすいです。

絵の感じがファンサイトの絵から
抜け出した感じですよね。

この名前を見た時、まっさきに
たこやきさんのサイト【 まる。】を思い出しました♪
たこやきさん喜んでるだろうなぁv


それにしても・・・まるっトロの出現により、
公式でのコトロの立場が危うくなる気が
ひしひしとするのは私だけでしょうか(笑)

ええええ
ええええええ

トロのラクガキから生まれたらしいこのまるっトロ。
トロの描く絵が、最初の方のトロの日記から比べて

こんな感じだった気がする。

格段に画力が上達してる気がします(笑)





さてさて本家トロ♪
トロの可能性は無限ニャ♪
久しぶりにトロを描いてたらZOUに驚かれました。

「わぁ、珍しい!鮎美がトロ描いてるよ!」

「トロいいよねーv
モンスター描くより、よっぽど描きやすいよ?」

「その二つを一緒にしないように(笑)」

このシンプルさがすばらしいですトロ。
ウロコないし・・・。

最近、電池が切れたようにぱたっと寝る私。
布団に入ると寝付くまでに10分かかりません。

限界まで夜更かししてるせいですが(笑)
だいたい毎日深夜2時から3時ぐらいまで起きてます。
絵を描いたり本を読んだり文を書いたり。

この夜更かしグセは、HP始めた頃から
なかなか直りませんねー。





最近パソコンの周りがすっかり無秩序に。

前UPした女の子の人形4体と、トロがいっぱいと
リアルな恐竜の人形が3体。



資料用につい買ったんですけど、
置き場所に困って、トロが置いてある場所と
同じ場所に置くことに。


そばにいるトロがドキドキしてるような気がします。
いやにゃー、こんな場所いやにゃー
ひー


次へ ■TOP 前へ

どこでもトムトム